おすすめ MyShop


by G-Tools
--------------------------------------- 武道界は学閥と封建制度が跋扈するアナクロ社会−園田監督が辞意を表明「申し訳ない」 暴力行為「ほぼ間違いない」− | 時事コラム「野次馬パピルス」

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 大脳半球間抑制−脳梗塞・片麻痺(右)患者(61歳)のリハビリ日記−
    ogata (06/21)
  • 大脳半球間抑制−脳梗塞・片麻痺(右)患者(61歳)のリハビリ日記−
    smily (06/20)
  • 大脳半球間抑制−脳梗塞・片麻痺(右)患者(61歳)のリハビリ日記−
    ogata (06/20)
  • 大脳半球間抑制−脳梗塞・片麻痺(右)患者(61歳)のリハビリ日記−
    smily (04/15)
  • 大脳半球間抑制−脳梗塞・片麻痺(右)患者(61歳)のリハビリ日記−
    ogata (02/14)
  • 大脳半球間抑制−脳梗塞・片麻痺(右)患者(61歳)のリハビリ日記−
    ogata (02/12)
  • 大脳半球間抑制−脳梗塞・片麻痺(右)患者(61歳)のリハビリ日記−
    smily (02/12)
  • 大脳半球間抑制−脳梗塞・片麻痺(右)患者(61歳)のリハビリ日記−
    ogata (02/11)
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS
<< 「日本の闇」が救った?−「オウム」新規信者、2000年以降で最多− | main | 法律家を増やすよりモラルある国にすること−司法試験3000人枠撤廃へ 需要伸びず「非現実的」− >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
武道界は学閥と封建制度が跋扈するアナクロ社会−園田監督が辞意を表明「申し訳ない」 暴力行為「ほぼ間違いない」−
JUGEMテーマ:ニュース
 柔道界ではいずれこういう問題が出てくるだろうと、昔から思っていました。
 しかし、そう思ってから実際に表面化するまでに数十年かかったことに、私自身驚いています。
 これは日本の格闘技界に共通する病弊です。
 一度表面化したのに、うやむやになったのが大相撲界。未だに表面化していないのが空手界です。
因みに剣道界のことは知りません。ボクシングなど欧米系の格闘技界についても知りません。
 日本の、特に強豪大学の柔道部や空手部はとても封建色が強く、後輩は先輩に絶対服従。先輩は道場の外では後輩を奴隷のようにこき使う。そのかわり先輩は後輩の面倒を徹底してみる。そしてこういった繋がりが大学ごとにコミュニティを形成していて、学閥同士で利権を張り合っているのです。利権とはオリンピック代表監督などのポストです。
 男性柔道家は暴力をふるわれても学閥のメリットのことを考えてじっと耐えていますが、学閥の外にいる女性は限度を超えると割に簡単に反旗を翻す、というのが今度の問題の構図です。
 下記の二つ目の記事で全柔連幹部が「しないと言っている。その言葉を信じる」とのたもうたのはコミュニティのメンバーを守ろうとする一心から出たことばで、「コミュニティの外にいる女どもの言うことなんか知るか!」と言う意味です。 指導者としての資質より自分の可愛い後輩のポストを守ることで、自分のコミュニティでのステータスが上がるのです。
 園田氏には悪いけど、日本代表監督の器でないことは、顔を見れば一目瞭然です。
 ロンドンで惨敗した男子の代表監督も、最初はブラジル大会まで続投させようとしました。世論の批判で失敗しましたが、一番悪いのは、協会のこの学閥利権優先体質です。
  こんな非合理な体質では、日本の柔道が弱くなるのは当たり前です。至急、抜本的な体質改善をしなければならないのですが、根はとても深いので、改革は現状では不可能だと思われます。
 どうすれば改革できるのか。
 老子はこう言いました。大きいものを小さくしたければ、まず、とことんまで大きくせよ。小さいものを大きくしたければ、まず、とことんまで小さくせよ、と。
 柔道界は、オリンピックの入賞者ゼロが何回も連続で続き、競技人口がフランスの3分の1になるまでこのまま放っておく以外、手の施しようがないと思われます。(以上)

女子柔道・園田監督が辞意表明「強化に携わることは難しい」

サンケイスポーツ 1月31日(木)16時7分配信

 柔道の女子選手15人が暴力を受けたと集団告発した問題を受けて、園田隆二女子代表監督(39)は31日、東京都文京区の講道館で会見を行い、「これ以上、強化に携わることは難しい」と話し、進退伺を提出するとともに、監督職からの辞意を表明した。

 園田監督は会見で「このたびは私の行動、言動により、選手をはじめ皆様方に大変なご迷惑をおかけしていることを大変深く反省しております。誠に申し訳ありませんでした」と謝罪。「今回の件で私自身、これ以上、強化に携わっていくのは難しいと思っております。それを踏まえ、(全日本柔道)連盟のほうには進退伺を出させていただきたいと思います」と話した。

 全柔連の上村春樹会長(61)は30日の会見で、「本人たちも深く反省している」として園田監督の留任を明言。JOCは「(全柔連は)恐らく解決能力がある」と説明し、園田監督の続投については「人事(に口を挟むの)は越権行為」と明言を避けていた。

園田監督 交代はなし 全柔連「しないと言っている。その言葉を信じる」

スポニチアネックス 1月30日(水)12時45分配信

園田監督 交代はなし 全柔連「しないと言っている。その言葉を信じる」

会見の冒頭で頭を下げる全日本柔道連盟の(左から)村上事務局長、小野沢専務理事

 全日本柔道連盟(全柔連)は30日、東京都文京区の講道館で会見を行い、国内女子のトップ選手15人から暴力やパワーハラスメントがあったと告発された女子日本代表の園田隆二監督(39)らを戒告処分にしたと発表した。

 会見には小野沢専務理事と村上事務局長が出席。「われわれの不徳の致すところ」と事実関係を認めて謝罪したが、「監督が(選手への暴力を)しないと言っている。その言葉を信じている」と現時点では監督を留任させることを明言した。

 全柔連では2010年8月から12年2月までの間に、園田監督に関する5件の暴力を把握。胸を小突く、平手でほおを張る、蹴るなどの行為があったという。処分を受けたコーチは「男性」であること以外は公表しない。告発した選手名も明らかにしない方針。

| たまにはシリアス | 16:53 | comments(0) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
| - | 16:53 | - | - |









http://seniormoney.jugem.jp/trackback/270
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2013/01/31 9:02 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2013/02/01 1:15 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2013/02/01 8:49 AM |